CODE-NAME N

STAGE FACE

エージェント紹介

RYUHEI KONDO
仕事の苦難を
乗りこなす

2018年入社 / コンサルティング部

近藤 龍平

MISSION

すべての仕事は、不動産オーナーと電話で話すことから始まる。月々の収支や現状の課題など所有する不動産について詳しく話を聞き、収支改善のアドバイスを行う。
誰もが最初から心を開いてくれるわけではない。収支が良くない人の中には、不動産業者へ不信感を抱いている人もいるからだ。数十年後に起こりうる問題に、まだ気づいていない人もいる。だから、赤字資産を保有し続けるリスクとその根拠を丁寧にお伝えする。電話でのやりとりは、信頼を得るための時間といっても良いだろう。商談のアポイントを取ってお会いすると、本音を話してくれる人は驚くほど多い。収支がさらに悪化してしまう前に不動産の売却し、顧客が抱える問題を解決する。それが僕の仕事だ。

掲げる理想

まずは、同期の中で一番になりたい。成績が良いということは、それだけ顧客に貢献したことの証でもある。多くの顧客の役に立ち、その結果として社内にいるライバルたちの先頭を走っていたいと思う。
この会社にいる間に実現したいことは、海外で仕事をすること。国内で実績を上げたあとは、世界を見てみたい。すでに展開している海外事業でも、今後生まれる新規事業でも、形にはこだわらない。新しい体験は、自分を成長させる絶好の機会になるはずだ。
ネクサスエージェントは、社員にあらゆるチャレンジをさせてくれる会社だ。チャンスも多い。切磋琢磨できる仲間とともに高みを目指し、自身の可能性を広げていきたい。

仕事でつらかったこと

入社するまで仕事に対する意識が低く、周りが結果をだしていくのが辛かった。
「自分はいつ成果があがるのか」そんなことを考えていると本当に一日が長かったのを今でも覚えている。
自分の転機はある先輩の成約事例を聞いたとき。お客様に対する熱量や諦めない気持ちを持ち続ける大切さを改めて再認識してからというもの、まだしっかりとした成果はでていないが、今は仕事の業務が楽しくて仕方ない。

HIKARU YASUKAWA
お客様と一緒に
成長する

2018年入社 / コンサルティング部

安川 ひかる

MISSION

電話や訪問をしてアポイントを取ったお客様へ、売却を検討している不動産や収支の課題についてのお話を聞く。お客様のご都合に合わせて、ときには外で立ち話をすることだってある。地方にいるお客様には、泊まりや日帰りの出張で会いにいく。
訪問の機会が多いから、商談のチャンスも豊富だ。最初は「興味がない」と言っていたお客様でも、いつの間にか話し込んでいることが少なくない。入社当初は先輩の同行が多かったが、最近は自分のお客様も増えてきた。
赤字物件をすぐに処分したい、運用物件が多くなりすぎた、漠然と不安に感じている…。お客様によって抱える課題は多種多様である。何気ない会話から信頼関係を築き、課題を解決するために商談の機会を作っていくのだ。

掲げる理想

主任という役職になってからまだ日は浅いが、自分だけでなく部下のこと、会社のこと、周りを見て考える業務が増え、一日の業務はあっという間に終わってしまう。だが、私の目標は女性だけのチームを作り、社内で一番の成績を残すこと。その為にも、現状に慣れ、効率よく自分の成績を確立させる必要がある。
毎日がチャレンジでプレッシャーは大きいが、それ以上に仕事に対するやりがいが増えた今、目の前のことに全力で取り組み、業績だけではなく内面的にも成長し続けていく。

仕事でつらかったこと

現状のままでいてはダメだとわかっているお客様に もう一歩踏み込んでいただけなかった時が一番辛くて悔しかった。
お客様の現状を確実に打破することができる状況であったにも関わらず、うまく伝えることができず、失注。だが、ここで踏みとどまっていい訳がない。 自分のトーク力不足をなくすよう更に知識をため込んだ。わからないことがあれば上司や同期が話を聞いてくれた。
仲間の大切さをかみしめ、日々成長し、楽しみながら仕事をしている。

NOBUKI TAKASHINA
チームを成長させる

2017年入社 / コンサルティング部

高科 洵希

MISSION

主任としてチームを任されている。主任の役割は、チームの売上を作ることだ。メンバーのマネジメントやフォローをしながら、自身も同じく営業として不動産オーナーへアポイントを取り、商談にいく。
チームとして売上を作るためには、メンバーの育成が不可欠だ。一日の行動を細かく指示する。訪問に同行させて現場を体験させるなど、一人ひとりのレベルに合わせて育てる必要がある。しかし、仕事の目的やモチベーション、スキルレベルも全員が同じわけではない。だからこそ、同じ目標に向けていかにチームの意識を合わせられるかが重要になる。一人ひとりを成長させ、チームとして売上を作っていく。それが私のミッションだ。

掲げる理想

ネクサスエージェントは、まだ新しい会社だ。だから、これからみんなで実現させていきたいことは山ほどある。多くのお客様から支持され、業界トップシェアを獲得する。当然、その先には上場も見据えている。入社当初からの変化を感じることは多い。組織も拡大の真っ只中だ。今後はさらに早いスピードで、規模も業績も成長していくだろう。私はその中で、自分のできることに尽力しようと思う。
主任としてチームの実績を作っていくこと。成長の基盤となる人材を育てること。それらを通じて、会社の成長に貢献していきたい。

仕事でつらかったこと

部下の教育は主任という役割の中でとても必要な仕事だが、苦戦していた。
どうすればいいのか、試行錯誤した結果、部下とのコミュニケーションが不足していることに気がついた。
部下と多く話をすることにより、どれだけ自分都合の話になってしまっていたのか、仕事を押し付けてしまっていたのか気づくことができ、改善してから、部下が結果を出せるようになっている。
それが今のやりがいであり、部下が成約した時は本当に嬉しい。

SAYURI YAMAGUCHI
人事が会社を
変化させる

2016年入社 / 人事部

山口小百合

MISSION

採用全般にかかるすべての業務が、人事担当の私が担っている仕事だ。当社では、学生や転職希望者に興味をもってもらうための活動から、入社後の対応までを人事で行っている。
媒体や採用イベントで募集を行い、説明会を実施。会社や仕事の魅力はもちろん、ミスマッチを防ぐためにデメリットも必ず伝えている。こちら側の情報を伝える一方で、一次選考では本人の価値観や志向を理解し、会社との相性の見極めもしっかりと行う。次の選考で担当者とより濃い面談を行ってもらうためだ。候補者へのフォローアップや社内での情報共有も欠かせない。採用の成果は会社の成長に直結する。大きな責任を担うからこそ、丁寧な仕事を心がけている。

掲げる理想

これから採用人数が増えても、私はネクサスエージェントにマッチした人材の採用にこだわりたいと思っている。会社に合った人を採用することは、採用された人材にとっても大きなメリットである。誰でも自分に合った環境のほうが働きやすく、活躍もしやすいからだ。一人ひとりが伸び伸びと活躍できれば、会社は必ず成長する。
例えば10名と100名では、選考の手法は変わるかもしれない。しかし、100名を採用するために、選考基準を変えてしまっては本末転倒だ。規模拡大は簡単ではないけれど、今後の成長のために避けては通れない。だからこそ、採用の実現に向けて創意工夫を繰り返し、結果をだしていくことが今の目標だ。

仕事でつらかったこと

会社に人事がない中、基盤を作る作業には難しさを感じていた。何が正解かわからない中、自信が持てない日々が続いていたが、「経験したことのないものに対して、焦る必要はない」という言葉をいただきとても心が軽くなったのを覚えている。
それからは初めての経験や失敗に対して「経験値が上がった」という感覚を持つようになった。今は自分自身が会社を大きくしているという責任と誇りをもって仕事をしている。

YUGA FUJIMOTO
組織を更なる高みへ

2017年入社 / アセットマネジメント部

藤本 優雅

MISSION

アセットマネジメント部のミッションは、個人向けに投資用不動産を販売すること。まずは電話でアプローチし、商談、契約へとつなげていく。売買仲介が主軸のネクサスエージェントは、物件の仕入れを得意としている。その環境を活かし、多彩な物件の中から顧客ニーズに合わせて提案できることが大きな強みだ。
アセットマネジメント部は2017年にできた部署であり、私は立ち上げを任されている。今は、販売体制と社内業務における仕組み作りの真っただ中だ。役職は主任ではあるが、部署と事業に責任を負う覚悟で臨んでいる。プレッシャーを感じないといえば、ウソになるかもしれない。しかし、すべてを自分の手で作り上げるこの喜びは、他では決して味わえないだろう。

掲げる理想

全社で目指している「上場」。それを叶えることは、私の目標でもある。日々の仕事の成果が、上場に直結する。その強い思いと責任を胸に、すべての仕事を手がけている。もちろん、上場はゴールではない。上場を実現したあとも、私はトップを走り続ける人材でいたい。だからこそ、いつか来るであろうその日のために、今できることに全力で取り組むのだ。
絶えず対面する事業や部署の課題と向き合い、とことん悩み抜く。誰よりも多くの失敗を経験しておくことも必要だろう。目標を実現した先を見据えて、今できることに集中する。そこに費やした尊い時間の分だけ、未来は大きく切り拓くことができるはずだから。

仕事でつらかったこと

これから要となってくる新部署での責任者という立場で、自分の結果、部下のマネジメント、プレッシャーで押しつぶされそうな時期がなんどもあった。だが、全てを抱え込むのではなく部下を信用し、振れることは振っていく。
社員に相談し、意見を取り入れる。自分がやらなければいけないという概念やプライドを捨てて、 素直に自分の足りない部分を受け入れ、補うように動く。 そうすることで、一人でつぶれることはなくなり頼ることの大切さを学んだ。
今では、仲間たちと一緒に組織を大きくするためのステップを噛みしめて挑んでいる。

NAOKO FUNAHASHI
影で仲間を支える

2018年入社 / マネジメント部

舩橋 菜穂子

MISSION

本部長をはじめ、営業スタッフのスムーズな営業活動をサポートすることが私のミッション。サポートといっても、「これをお願い」というかけ声を待つ仕事ではない。例えば、商談内容に即した資料や書類の作成。オーナーとのやりとりや決済業務も私の仕事だ。営業活動の進捗に合わせ、司令塔として契約やその後の業務について営業へ指示することも多い。
大切な予定をリマインドするマネジメント部としての動きもこなしながら、営業スタッフが営業活動に集中できる環境を作り出すのだ。私自身は営業ではない。しかし、縁の下の力持ちでもない。営業と一心同体だと思っている。だから、この仕事を通して一緒に売上を作っているのだという自負がある。

掲げる理想

仲間とともに実現したいのは、3年後の上場だ。目標を叶えるために、私も必ず貢献したい。そのためには、もっと成長しなければならないと感じている。私は一度やると決めたら、夢中になってやり抜くタイプだ。だから、今の仕事はもちろん、新しいことにも恐れずチャレンジしていきたい。そして多様な経験を積み、周囲から頼られるオールラウンドプレイヤーを目指したいと思う。
もう少し先の目標は、自社ブランドのマンションをもつ会社にすること。ネクサスエージェントなら、そう遠くない未来に実現できると思っている。ただ、その未来は誰かが叶えてくれるものではない。私もそれを具現化させる一人になれるよう、成長を続けたい。

仕事でつらかったこと

入社当初から、本部長のマネジメント部として営業サポートをしているが、契約~決済の事をある程度理解している必要があり、覚える事が多く大変だった。本部長は仕事が早い分、急な依頼事が多くなる。そういった急な対応やクライアントへの連絡も、 責任感からか、緊張・不安が襲い掛かった。だが、様々な対応を任されていくうちに、この経験は確実に自分のためになる。
そう確信することができ、自信に繋がった。今では本部長だけでなく、営業全体をサポートする立場になり、とてもやりがいを感じている。